So-net無料ブログ作成

孤高のプロ仕様!VAIO Pro 11/13 2013秋冬モデル [VAIO Proシリーズ]

VaioPro1113_1.jpg

ソニーのVAIOシリーズが一新されて秋モデルとしてラインナップが拡充されましたが、
唯一、業務用というか、ビジネスマン向けの位置づけにあるのが、Pro11/13です。

大学生が普段持ち歩いていたら、嫉妬します(笑)

OSはWindows 8なので、タッチパネルを搭載していますが、やはり基本は従来のノートPCのような使い方が前提のようです。
タッチもなれると便利ですので、少しずつ移行するのも良いと思います。






とにかく軽い


VaioPro1113_2.jpg

強みが「本体の軽量さ」というと、軽いだけか・・・と思ってしまうかもしれませんが、「軽さ」というシンプルでわかりやすい強みをとことん伸ばした機種ですよね。

Ultrabookというカテゴリーに属する商品ですので、その薄さ、軽さが大事になります。
11型で、最軽量770g、厚みが10.5mmです。
13型は最軽量940g、厚みが9.9mmとなっています。

オーナーメードで選択するパーツによって、重さが変わります。


このカテゴリーが出始めた頃は、重さが2kg以下で厚みが2cm以下辺りが目安でした。
それを考えると、驚くべき進化を遂げています。

薄さは見かけとか、機能性、強度で表現の仕方が変わってきますが、
重さは、風に飛ばされないぎりぎりの重さが理想ですね(笑)


VaioPro1113_3.JPG

1kgを切るものは、他社ではほとんどありません。
それに比例してバッテリーも小さくなりますから、自分のような素人考えでは、持ち時間も減ってしまうようにおもってしまいますが、両タイプともに20時間を超えるカタログ値になっています。

Core の世代交代による消費電力の効率化もありますし、アルミよりも軽いカーボン系の新素材「UDカーボン」を筐体に採用する事により、堅牢性と軽量性を同時に具現化できています。



犠牲になったものは?


薄くするということは、どこかを削るということですので、一部犠牲になった部分や機能があります。
具体的にはコネクター関連です。

まず、ディスプレイ用のD-subコネクターが無くなっています。
プレゼン等でモニターと接続する場合は、HDMI端子経由で接続するか、専用のVGAモニター用アダプタを使えば表示が可能です。

VaioPro1113_4.jpg

意外にインパクトあると思われるのが、ネット接続口が無い事です。
つまりWi-Fi専用という事です。
家庭や外出先等は問題無いとして、企業内やホテル等は有線のみという環境はまだまだあります。

専用のWi-Fiルータがアクセサリーとして準備されているので、有線接続は可能です。
しかし、会社などでは、色々な制約もあろうかと思いますので、環境を事前に確認する必要がありますね。



VAIO Proシリーズ ソニーストア詳細


実際に触ってみると、その薄さと軽さには目を見張ります。
ソニーストアなどで最先端機器を是非体感してみて下さい。


VAIO Pro 11/13夏モデルのレビュー記事もありますので、参考にどうぞ!
VAIO Pro 13/11 どえりゃーレビュー

早いうちに秋冬モデルのレビューに更新したいと思います(汗)



最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回の更新は、2013年10月28日(月)を予定しています!



ブログについて
リンクされた文字かわかりにくかったような気がしたので、
テキストリンクの色を少し変えました。
青を強くしてみました。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。